国内旅行17: 社会科見学: 不発弾処理 後編

e0193089_15191539.jpg

続いて爆破見学。爆破出来る場所で発見された場合は基本的に爆発処理するそう。
アッタプーとベトナム国境付近の山岳地帯には少数民族が住んでおり、平地部の住民と比べると生活の落差が生まれています。平地部に家や農地を準備して移住させる計画が進んでいますが、その為にも、土地を安全化させるUXOLaoの仕事は重要な位置を占めています。

e0193089_15192367.jpg

→現場の周辺は、道路を挟んで中国のゴムの木畑。
ここを開墾する際あまり調査をせずに行った為、何人かの方が爆弾で亡くなったとか。

不発弾の上に電気ショックを与えて爆発させるので、まずは電線を設置。設置が終わると作業員は皆避難します。爆破処理地点から半径300m以上は離れなくてはなりません。私達も車の陰に隠れジッと見守ります。

e0193089_15255226.jpg

e0193089_15253756.jpg

e0193089_15253922.jpg

道路を通行止めにし、1,2,3で爆破。
ドン!と地面から響きわたる音とともに、土煙が上がりました。あんなに小さな爆弾で、これほど大きな音が出るとは思っていなくてびっくり。

処理チームリーダーがまずは安全を確認に行き、私達も爆発した後を見に行きます。爆弾があった場所はえぐれており、その跡からは小さな玉が。これが人を殺傷するんだそうです。

e0193089_1526592.jpg

e0193089_1526876.jpg

貴重な体験をさせていただきました。アッタプー任地の同期は3回見学して、爆破は今回が初めてだそう。ラオスでしか経験できないことだったので、最後の旅行で見ることが出来てよかったです。


[PR]
by obamiho | 2011-12-13 23:17 | ラオス国立大学赴任5期7~12月
<< 国内旅行17: アッタプーから... 国内旅行17: 社会科見学: ... >>


青年海外協力隊にてラオスへ赴任、
無事に帰国しました!
by obamiho
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
関連サイト
協力隊リンク:ラオス隊員
協力隊リンク:PC隊員