<   2010年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧
体調が悪い時は卵サンドに限ります

e0193089_1371380.jpg

赴任179日目、土曜日。

e0193089_1364683.jpg

金曜から未だかつて体験したことの無いひどい頭痛で、まさかデング来ちゃった?と思ったのも束の間、熱が上がらず、ただの風邪だったみたいです。
なので今日は一日大人しく。
喉からの菌が耳に入っているみたいです。

→お昼は卵サンド

e0193089_13112713.gif

→旅行に出てすっかり気分転換してしまったので、犯罪被害報告書の提出をすっかり忘れていました。

何か犯罪に巻き込まれた場合、被害状況の詳細を報告書として提出する必要があります。記載をしていると、前回自転車の盗難にあったのが、5/17、で今回泥棒に入られたのが、7/17。

17という数字に不吉な予感がします。。。
厄年のお祓いしたのになぁ。

夕飯は卵パンを作ってみました。(一番上)
卵が余っていたので、卵を入れてたら結構美味しかった。お昼も夜もパンってかなり不健康な感じがしますが。。。
オーブンが欲しいなぁ。


[PR]
by obamiho | 2010-07-31 22:04 | ラオス国立大学赴任3期7~12月
6ヶ月目の一人立ち?

e0193089_2334362.jpg

赴任178日目。

e0193089_2332027.jpg

同室の秘書さんの移動が今日に決まりました。

いつも突然です。朝、大学へ出勤すると、今日みんな移動するから、と。男性陣を中心に、学生まで借り出されて引っ越しです。今回の異動は5名。一部昇進もあったよう。
しかし、かなりの無計画性で、家具を動かしながら場所を決めるので、学生さんが翻弄されっぱなし。そしてなぜだか台車も無いのに、机ごと部屋を移動するので、運ぶのも大変です。

e0193089_23326100.jpg

→忙しいみんなの中で、暇人だったので、同じく特に移動が無かったサイナーさんとお昼を買い出し。大学前の通りの魚のラープ(ハーブを使ったサラダ?)を食べられるお店に。ラープの中では魚が一番食べやすい気がします。

今回の異動で、トーンチャン先生と、ボーンドゥアン先生の女性2名が新しく同室になりました。ワッサナさんに頼り切っていたので、来週から他の先生達とも話して頑張らないとです。


[PR]
by obamiho | 2010-07-30 22:26 | ラオス国立大学赴任3期7~12月
カオヂー商戦

e0193089_214699.jpg

赴任177日目。

e0193089_233628.jpg

→バスから撮った南バスターミナルの前の毎朝の様子。
ちょっとボケてますが、フランスパンを売る売店の列です。
ビエンチャンへ上がって来た地方の隊員がお土産に何を買って帰るか、一番喜ばれるのが、カオヂー(フランスパン)だそうです。ビエンチャンのような立派なパンが手に入らないんだとか。学部長さんが毎朝買ってくる焼きたてのカオヂーはかなり贅沢ですね。

今日のお昼は、キン副学部長さんがカオプンセットを持参。

e0193089_2121100.jpg

電気鍋で温め、いつものメンバーで昼食です。
一番上は準備の様子。写っているのはもう一人の副学部長さん、トウマラ先生。わたしはカオプンが苦手なので、トウマラ先生のご飯をお裾分けいただきました。

何度か触れてきましたが、今年はビエンチャン遷都450周年の年。大きなイベントが企画されているんだとか。タラートサオの電光掲示板のカウントダウン表示が113日に。楽しみ。


[PR]
by obamiho | 2010-07-29 22:57 | ラオス国立大学赴任3期7~12月
その辺のカフェよりはイケてます

e0193089_23584368.jpg

赴任176日目、久々の出勤。
↑これ、決してチャンパーサックではありません。大学構内。牛は目撃していましたが、初ヤギ。

e0193089_23582868.jpg

車が通るにも関わらず、ヤギさんリラックス中です。
誰が飼っているかは不明。
学内がすごい広いので、いつか探検しようと思って、早6ヶ月。
乾季に入って自転車でこれるようになったら、もっと色々探ってみようと思います。

ウチに食材が無かったので、JICA事務所への用事の帰り、おかず横丁へ寄ってみました。

e0193089_23572881.jpg

→たった、1週間ほどの間に、ドリアンが全盛期を迎え始めたようです。パイナップルは何処へやら、小さいのがいくつか売っているくらいで、おかず横丁がドリアンの匂いでいっぱい。

今日は余裕な感じだったので、先日郵送してもらった荷物の目的第二弾、ドリッパーを使用してみることに。(この前の快適ライフは命短しで、部屋を移ることになってしまいました。次の部屋では不用でした。。。)

e0193089_23584666.jpg

カフェノムイェン(練乳入りのアイスコーヒー)を飲んでいるので分かるかと思いますが、ラオスではコーヒーはポピュラーな飲み物。コーヒーの産地がいくつかあり、それなりに美味しいコーヒーが手に入ります。チャンパーサック県、パクソーンはその有名な産地の一つ。でも不思議なことに、ラオス、ドリッパーが売っていない。。。ラオスでは、布で濾して飲むので、必要無いのか?

いやぁ、コーヒー美味しかったぁ。


[PR]
by obamiho | 2010-07-28 22:56 | ラオス国立大学赴任3期7~12月
国内旅行4: チャンパーサックで出逢った~!

e0193089_155643100.jpg

赴任175日目、今日は移動日で特に無かったので、いくつか写真を載せたいと思います。

e0193089_1559769.jpg

e0193089_15573941.jpg

1日目の移動で車をお願いした、ソムさん。

e0193089_15575081.jpg

e0193089_16192082.jpg

聖水を汲みに来た子供たち。

e0193089_1683631.jpg

e0193089_15571075.jpg

誰にでも愛想をふりまくワンコと、托鉢中のおばちゃん。

e0193089_1557953.jpg

e0193089_15562418.jpg

ワットプーのドーナッツ売りとお供え物を作るおばちゃん達。

e0193089_16135439.jpg

e0193089_15574531.jpg

ワットの前に放し飼いにされていたぶぅちゃんと、お世話になったお店の男の子。


[PR]
by obamiho | 2010-07-27 22:54 | ラオス国立大学赴任3期7~12月
国内旅行4: ワットプーの滝?

e0193089_404773.jpg

e0193089_3594359.jpg

e0193089_3593164.jpg

e0193089_359309.jpg

主祠堂を出て、山の中を行くと、ワニ、ヘビ、象が彫られた岩があります。当時、生贄の儀式に使われたのだそう。

e0193089_3594510.jpg

カオパンサーの日、地元の人たちが近くの滝に入るとの情報をゲットしたので、滝に行ってみることに。
獣道のようなところを歩くこと10分程。川を発見。滝はどこ?

神聖な感じを想像していたのですが、どうやら子供達の水遊び場のようです。(一番上)これはこれでラオスっぽい。
今日はのんびりと、10時過ぎから13時くらいまで見学でき、大満足です。個人で来ると自分のペースが守られるので良いですね。

e0193089_417117.jpg

お昼を食べてチャーターした車でパクセーへ。
パクセーチャンパーサック間は、1時間程で着きます。

あっという間のチャンパーサック旅行も、今日が最後、明日にはビエンチャンへ戻らなくてはなりません。大人数でワイワイする旅行も、JOCVならでは。普段あまり話す機会の無い先輩達と一緒に過ごせて本当に楽しかったです、最高の気分転換になりました!


[PR]
by obamiho | 2010-07-26 22:49 | ラオス国立大学赴任3期7~12月
国内旅行4: ワットプー

e0193089_3191724.jpg

朝食後、荷物を取りに宿へ戻り、ワットプーへ。

e0193089_3184719.jpg

e0193089_3313371.jpg

e0193089_319399.jpg

ワットプーは、カンボジアのアンコールワットと同じ、クメール遺跡の1つで、世界遺産でもあります。
当初はお城として建設されたが、のちにワット(お寺)として位置づけられたとのこと。

建物やレリーフに共通点はあるかもしれませんが、アンコールワットとは全く違う雰囲気。アンコールワットは完成された美しさがあるのに対して、ワットプーはどちらかというと野ざらし。

e0193089_3195390.jpg

ラオス人も気軽に訪れる場所のような印象です。世界遺産と言えども、そんなに人が多くなく、自然いっぱいなので、のんびり出来ます。ちょっとしたハイキング感覚かな。
物売りもほとんどいないので、自分のペースで過ごせる感じ。

←山の上の小さい主祠堂。
仏像が持ち込まれていて、地元の方がお祈りしていました。
こういうところも、ラオスっぽい気がします。

e0193089_3195152.jpg

←聖水が湧くと言う場所。
これを飲むと長生きできるんだとか。


[PR]
by obamiho | 2010-07-26 22:41 | ラオス国立大学赴任3期7~12月
国内旅行4: カオパンサー

e0193089_2425646.jpg

チャンパーサック5日目、今日は、カオパンサー。
カオパンサーとは、毎年雨期が始まる陰暦8月の満月を向かえた次の日、月が欠けだす第1日目のこと。
「すべての草木・稲・野菜などの作物が大きく生長する時期に踏んでしまわないように」とブッタが唱えたことに基づき、約3ヶ月間オークパンサーを迎えるまで仏門にある人(僧)は自分の寺の外に出ず、修行に努めます。
なので、この3ヶ月間は結婚式などの祝い事は行われません。

e0193089_2423448.jpg

この日、ラオスでは、特に祝日ではありません。職場によっては休みになるそうですが...。ちなみに、ラオス国立大学はというと、朝は托鉢が行われるので、遅れてくるのは構わないが、お休みではないそう。

←お店でタックバーツ(托鉢)セットを購入。
7:00より、シンを着て、バービアンを付けてワットに向かいます。

e0193089_243674.jpg

e0193089_243932.jpg

e0193089_2431180.jpg

お坊さんのお経の間、私たちは座ってバービアンが床につくようにし、ロウソクに火を灯し、手を合わせます。
お経が終わると、托鉢セットに入っている、カオニャオとお菓子を、後ろに設置されている器に入れ、またお経。
今度は食べ物以外をお布施する方々が前へお供え、またお経。
続いてお水を少しずつ自分の器に流し入れます。
終わると皆このお水を持ち帰って行きます。


[PR]
by obamiho | 2010-07-26 22:31 | ラオス国立大学赴任3期7~12月
国内旅行4: ナンシダー

e0193089_1475366.jpg

チャンパーサック4日目。

e0193089_147271.jpg

8:00、結局あまり食べるお店が無く、2、3日目の夜ご飯を食べたところで、久々のパン朝食。パンが大きく、ツナサンドのツナの量も盛りだくさん。みんな満足です。

9:00、2日目に舟を借りたお兄さんの車をチャーターして、チャンパーサック村へ。車ごと舟でメコン川を渡り、12:00頃、到着。

チャンパーサックに赴任している先輩と待ち合わせし、昼食。

e0193089_1474251.jpg

←最後の夜は少し贅沢に。
コテージ風の可愛いお部屋でした。贅沢とはいっても、一部屋1500KIPの部屋を3人でシェアですが...。

ここチャンパーサック村は、世界遺産でもある、ワットプーへの拠点となる村です。明日はカオパンサー(入安居)。カオパンサーをワットプーで過ごそう!という計画な訳です。

e0193089_1473176.jpg

午後よりソンテオを借りて、近くの遺跡、ナンシダーへ。ワットプー周辺には、いくつか小さな遺跡が点在しているそうです。ただし、道が悪く、車で行ける場所は少ないんだとか。

ナンシダーはワットプーの入り口を左に少し行ったところにある遺跡。車では入れないので、1.5km程歩かなくてはなりません。

e0193089_1473047.jpg

またもや晴れ隊員のおかげで雨が止んでいる合間に、テクテク。
周りが開けていて、景色がとてもきれいで歩きやすい。ぬかるみを予測して行ったのですが、思ったより歩きやすかったです。

遺跡はこじんまりな感じでしたが(一番上)、周りの景色に溶け込んでいて、素朴さがよかった、行った甲斐がありました。

ゲストハウスの隣にスパを発見し、夜はそちらでハーバルマッサージをしてもらいました。
フランス人夫妻が個人的に始めた、チャンパーサック村の人々とのプロジェクトだそうで、マッサージの勉強をしてトレーニング、経営されているそうです。もうすぐ1年半、2年経つまではフランスには戻らないとの事、私達JOCVみたい、世界には色々な形でボランティアをされている方がいるんだな。


[PR]
by obamiho | 2010-07-25 22:43 | ラオス国立大学赴任3期7~12月
国内旅行4: ムアンコーン1周

e0193089_0563178.jpg

チャンパーサック3日目、今日も日の出は見れず。

e0193089_133962.jpg

カオピアック(ラオス風うどん)で朝食を済ませた後、アチコチ痛いにも関わらず、懲りずにレンタサイクルで島を一周してみることに。宿のおじちゃん曰く、1周48km程。道も良いとのことで、半信半疑で(昨日も良いと言われたのに、悪路だったので)出発。

さて、今日の目的は、特にありません。島には一カ所タラートがある模様なので、その周辺で昼食にしようと予定を立て、ひたすらサイクリングです。ちょっと協力隊っぽいでしょ。

e0193089_056575.jpg

e0193089_0562249.jpg

ムアンコーンは本当にのどか。道沿いの家々の子供たちが、サバイディーと手を振ってくれ、動物達は自由にのびのび。こんな任地もすてきだなぁと想像したり...。

e0193089_0561720.jpg

e0193089_1275697.jpg

途中で休憩するも、結局お昼は14:00過ぎに、タラート周辺の対岸のカンボジアが一望できるレストランでラオス料理。ちょうど、カンボジアから舟で来ていたご家族がいました。こんな所にまで来るんですね。

e0193089_17467.jpg

10:30過ぎにスタートしたサイクリングは、ずっと道が良く、昨日のようなアクシデントも無く、18:00に無事に帰着。最後にワット(お寺)に寄って修了しました。

←昨日に引き続き、癒しのデザート。
疲れた時には甘いモノに限ります。チョコとハチミツのダブル!


[PR]
by obamiho | 2010-07-24 22:44 | ラオス国立大学赴任3期7~12月


青年海外協力隊にてラオスへ赴任、
無事に帰国しました!
by obamiho
最新の記事
駆け足沿岸ドライブ
at 2013-05-13 18:40
ありがとうございました!
at 2013-05-12 18:13
懐かしい味?
at 2013-05-11 17:50
じぇ!ホールインワン!
at 2013-05-10 17:38
密漁は袖の下が大事らしい。。。?
at 2013-05-09 17:17
以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 07月
2012年 01月
2011年 12月
more...
カテゴリ
全体
災害救援専門ボランティア
帰国後研修
ラオス離任~帰国
ラオス国立大学赴任5期7~12月
ラオス国立大学赴任4期1~6月
ラオス国立大学赴任3期7~12月
ラオス国立大学赴任2期4~6月
ラオス国立大学赴任1期2~3月
ラオス赴任前研修
二本松訓練所
技術補完研修
PCトピック
青年海外協力隊トピック
EWMジャパン
こじんてき
ワット
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
関連サイト
協力隊リンク:ラオス隊員
協力隊リンク:PC隊員