<   2010年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧
季節外れのお雛さま

e0193089_2374079.jpg

赴任87日目。

e0193089_2414789.jpg

今日も授業は進まず...。部屋閉まってるし。
同室の秘書さんにまで先生達怠け者だね~なんて言われてしまう始末。せめて休むなら事前に連絡が欲しいです。

ちょっとした愚痴はさておき、日本から荷物が届きました!
仕事用の本を送って欲しいと頼んでおり、送付から1ヶ月余り(ピーマイを挟んだので時間がかかった)。待ちに待った荷物です。以前にも少し書きましたが、ラオス国際郵便についてお話しすると...

e0193089_3441823.jpg

ラオスへの国際郵便は、重量により制限がありますが、EMS(国際スピード郵便)、航空便、船便の3種類の発送手段があります。EMSは5日程で着きますが、船便は1ヶ月程。値段もEMSは船便の倍以上なので、急ぎや重要なモノ以外は船便利用かな...。

ちなみにラオスでは日本の郵便配達はないので、郵便局にP.O.Box(Post Office Box、私書箱のようなもの)の開設を行う必要があります。そこに郵送物が仕分けされます。

e0193089_3293583.jpg

P.O.Boxの開設にはお金がかかるので、ビエンチャン隊員は通常、ラオスJICA事務所のP.O.Boxを使用させてもらっています。事務所から自宅へ運ぶ必要があるのが、ちょっと不便ではありますが。

船便は忘れた頃にやってくることもあり、お楽しみBOXのよう。今回は、送付をたのんだのが3月だった為?か、お雛さまが入ってました。(どうしようかな...)
→懐かしのナザールボンジュ(トルコのお守り)も...。


[PR]
by obamiho | 2010-04-30 22:17 | ラオス国立大学赴任2期4~6月
とまぁ、こういう感じで仕事してます

e0193089_1234559.jpg

赴任86日目。特に変わらない一日だったので、今日は仕事について少し。

派遣から3ヶ月が経過、4ヶ月目も終わろうとしているので、1号報告書を出しました。blogを見ている限り何もしてない?っていう突っ込みを受けそうですが(確かにそんな感じ)...。ボランティアは、以下の3つの理由で派遣期間2年間の間に計5 回、報告書を在外事務所等に提出しなくてはなりません。

  1. ボランティア自身が自己の活動の管理及び評価を行う。
  2. 事業関係者が情報を共有する。
  3. 情報を広く国民へ開示する。

内容は、フォーマットが決まっていてネット上で提出をします。

  1. 活動地域及び配属先の概要
  2. ボランティアが所属する部局の概要
  3. 配属先のニーズ
  4. 活動計画準備状況
  5. 任国の印象


一部抜粋 ご興味があれば >>
[PR]
by obamiho | 2010-04-29 22:22 | 青年海外協力隊トピック
トランプの遊び時...

e0193089_23104486.jpg

赴任85日目。

e0193089_2318649.jpg

午後からLJセンターで、ラオス文化紹介セミナーが開かれるとの事で参加することに。
→その前に同期と腹ごしらえ。豚足丼は癖になりそうです。

今日のセミナーのテーマは、「カム族の歴史と正月行事」。以前のモン族のセミナーはお正月の行事に重点が置かれていましたが、今回はカム族の歴史などが中心。元々は学生向けのセミナーですが、ラオス-日本語通訳が付くので日本人参加者も多々。

e0193089_2318482.jpg

カム族は、ラオ族が来る以前からラオス北部で居住する歴史ある民族。言葉はクメール語(カンボジア)に近く、石の切り方、移動の仕方、剣の作り方などの技術や、昔話や歌などの文化を持っています。ピー(自然霊)を信仰する民でもあります。

収穫が終わるとお正月(グルー祭)の準備に入り、古い年を捨て、新しい年を迎える、先祖を敬う目的で家長がそれを取り仕切りるそうです。ラオハイも欠かせないらしい...。

e0193089_0175875.jpg

セミナーの後、月曜のお葬式の続きで、19:00から副学部長のお家へ行くというので、オフィスで夜まで待ち、皆と先生のお宅へ。

バービアンを付け、銀の器にお花、お米やロウソク、お金などを入れ、祭壇の前で捧げお祈りをします。(私はお金だけでしたが...)先生がそれを受けとり、それぞれへ幸運の言葉を掛け、お菓子を代りに受け取ります。ちなみに服装は自由。
そしてその後は外に用意してある席で食事をいただきます。

不思議なのは、そんな席でトランプを始めちゃうところ...。(一番上)
まぁ、用意してあったので、そういうものなのでしょうか。しかもお金賭けてます。


[PR]
by obamiho | 2010-04-28 22:03 | ラオス国立大学赴任2期4~6月
お宅訪問

e0193089_1240662.jpg

赴任84日目。

e0193089_12405261.jpg

今日のお昼は以前行ったラオス料理のビュッフェレストランへ。
食べ終わる頃、レストランまで乗せてきてもらった、同オフィスの秘書さん、ワッサナさんの携帯にお家から電話が...。
「今から家に戻らなきゃいけないんだけど、一緒に行きましょう!」そんな流れで、突然お宅訪問することになりました。

→姪っ子さんとワッサナさん
ご両親のお家が10mくらいの近距離にあります。

e0193089_12471067.jpg

ラオスではお嫁さんのお家に同居することも多く、ワッサナさんもそれに近いのかな...。ただ、お家は完全別々で、ワッサナさんの家は、旦那さんと2人の娘さんと4人。プラス4匹のわんこと暮らしています。

周りは木立に囲まれていて涼しく、お家はとても広い居間にお部屋は3つ。可愛いワッサナさんらしいお家です。

e0193089_12534784.jpg

用事を済ませる間、たくさんの写真を見せてもらいました。
ワッサナさんは4人兄弟の長女だそうで、兄弟の写真とか、大学で出逢った、旦那さんの留学生時代の写真(旦那さんはラオス国立大学のフランス語の先生です。)。

→そして結婚式の写真。
可愛い!!!


[PR]
by obamiho | 2010-04-27 22:38 | ラオス国立大学赴任2期4~6月
ソンサガーン(お葬式)

e0193089_16531282.jpg

赴任83日目。授業が終わりオフィスに戻ると、
「ちょうどいい、黒い服も来ているしお葬式に行きましょう」
とそのままお葬式に参列することに。この日の私の服装は、確かに黒ですが、21年度3次隊で作成したカジュアルなポロシャツです。しかも下は青いシン。そして誰のお葬式?不安ながらも大きな車で皆で出発。

e0193089_16541050.jpg

着いたところはワット(お寺)の裏の少し開けた火葬場(一番上)。
木立に囲まれた中央部に、石で出来た祭壇が2つ並んでおり、その向かいには屋根の付いた仏像が鎮座するスペース。

会場に続々と人が到着。気になる服装は、上は黒か白い服ですが、下はかなり自由な模様。雰囲気も日本のように静寂は無く、どちらかと言うと皆さん自由に談笑しています。

e0193089_16545611.jpg

しばらくすると、音楽とともにトラックに乗せられたご遺体を白い紐で引く形で、クバー(お坊さん)、白装束のご遺族が。
(左上の写真は今回撮ったものではないですが、こんな感じ)
そしてご遺体は石の祭壇に運ばれ、ヤシの実のお水で清められ、周りをトラック上でのようにキレイに飾られます。

ご遺族は祭壇の前のスペースに座り、司会進行の元、お経や故人への言葉が述べられ式が進みます。

e0193089_1733616.jpg

私たちはというと、座ってジッとそれを聞き、わずかばかり寄進をし、ロウソクが付いた花火のようなものを祭壇にお供えし(左下)、ピーマイの時に見た黄色い水で手を清めます。談笑していた皆も、ここで初めてご遺族の涙と対面。

それが済むとご遺族は祭壇の前で記念写真(なぜ...?)。

e0193089_177821.jpg

最後に少し遠くからロケット花火のようなモノが発射され、いよいよ火葬が始まります。爆竹が鳴り煙がモクモクと上がり、故人を威勢よく送り出す感じ。(一番下の写真)

その後、飴、お金が皆に向かってバラ撒かれ、私たちはそれを拾って帰宅。あれ?火葬中だけど...。後は、家族だけ???

後で亡くなった時のラオスの儀式について先生に聞いてみました。

e0193089_17101418.jpg

ラオスの人は通常は亡くなると、2日間お家で過ごします。その間、親戚や友人が故人を訪問。親戚や仕事で知り合いが多いと、この期間は1週間にも及ぶとか(暑いのに...)。

その後、今日のようなパオ(火葬)があり、知り合い程度の人が参列。さらに2日間故人を偲ぶ祭りが行われ、骨を拾い、3日目にタックバーツ(托鉢)。これでお葬式が修了になるそうです。ちなみに今日は副学部長の御親戚の方のお葬式でした。


[PR]
by obamiho | 2010-04-26 22:47 | ラオス国立大学赴任2期4~6月
ブンバンファイ(ロケット祭り)

e0193089_22564230.jpg

赴任82日目。今日は先輩隊員の同僚スタッフの村のブンバーンファイ(ロケット祭り)にお邪魔しました。
ブンバーンファイとは、ピーマイ明けから雨期が始まる時期、5月に各村々で行われる、ロケットを打ち上げて「雨乞い」をするお祭りのこと。
大学の先生に聞いたところ、市街地ではロケットを打ち上げる場所が無いので行われない村も多いんだとか。

e0193089_23223426.jpg

e0193089_23232082.jpg

先輩隊員のお家からドイサン(乗り合いトゥク)で行くこと1時間程で村に到着。
まず同僚さんのお家でお料理とビールを頂き、恒例の宴会。ロケット打ち上げは13時30くらいから、と言う事でのんびり。まだ始らない、まだ、まだ、あれ、気づけば15:00になる...。ラオス時間だ...。
じゃ、そろそろ...、と正装に着替え(なぜ?)、皆で連れだってお寺へ。

e0193089_2331346.jpg

ロケット打ち上げ会場は、お寺の裏の原っぱ?を利用、広い敷地にロケット打ち上げ台が設置されています。そして境内には屋台が一杯出ていて、その様子は日本のお祭りに近いです。

そして境内の中央部に舞台が設置され、そのうえでは生歌、生バンド、生ダンス!舞台の前では思い思いにみんながダンスしています。これも言うなれば、日本の盆踊り会場と言う感じでしょうか。

ちなみに火薬で飛ばす竹竿で出来たロケットは、各集落ごとの手作りされます。形もそれぞれ違い、小さいモノから立派なものまで様々です。

↓そして、なぜか、仮装(女装?)してロケットを持ってお寺に集まるんだとか。すでに出来上がっちゃっているので何がなんだかな感じ?

e0193089_23454785.jpg

e0193089_23434347.jpg

↑虫も売ってました。バッタに挑戦してみたら、思ったより香ばしくてキンダイ(食べられる)です。

e0193089_23465347.jpg

e0193089_23535131.jpg

どうやら暑いからか、夕方がロケット祭りのクライマックスのようで、なかなか打ち上げが始まらず。
そして設置、打ち上げに結構時間がかかります。
帰宅時間が迫る中、2発しっかり見ることができました。
あっという間に空に消えて行きます。爽快!


[PR]
by obamiho | 2010-04-25 22:51 | ラオス国立大学赴任2期4~6月
同居仲間リベンジ

e0193089_011732.jpg

赴任81日目。やっとこさ土曜日。
どうやらピーマイ休みボケで5月病ならぬ、4月病が流行っている模様。リズムを戻さねば。

e0193089_23564926.jpg

↑やっぱり同居仲間1号は、回復ならずでした...。可哀そうに。
新しい仲間は、冒険をせずに育てやすいポトスにしました。
また食べられるのが怖いけど、増やすぞ!

→植木屋さんの途中にUnitelの本社らしき建物が。
以前にラオスのインターネット事情を紹介しましたが、最近Unitelさんがとても頑張っているのです、ADSLが圧倒的な安さ。

e0193089_04182.jpg

しかし、同期が申し込みをしたところ、対応地域があるらしく、ダメでした、どこでも出来る訳ではなさそうです。

→久々に松島さんのコーヒー店へ行ってみました。
この空間、本当に癒されます。コーヒーも美味しいし、チーズケーキも絶品です。
こちらに記事がありましたので、興味があれば是非 >>

e0193089_022231.jpg

同期からカレーを御裾分けいただきました。
なので夕飯はカレーライス!
ラオスに居る間はカレーライスが素敵な響きに聞こえそうです、小学生に戻ったみたい。


[PR]
by obamiho | 2010-04-24 22:50 | ラオス国立大学赴任2期4~6月
ほっこりで帳消し

e0193089_23273394.jpg

赴任80日目。今日も授業にならず、はぁ~という帰り道。
↑木の上でお迎えを待つ小学生発見、ほっこり。

e0193089_23231067.jpg

e0193089_232472.jpg

大好きな運転手さんのバスに乗車、ほっこり。(覚えてくれて、いつも大きな声で挨拶してくれる!)
小学生が一杯乗って来た、元気元気、ほっこり。
車掌さんが今日は不在の為、小学生の女の子が運賃回収。運転手さんがエライエライと褒める、ほっこり。

e0193089_23262663.jpg

e0193089_23292370.jpg

同期がポンサリー県に行ったお土産を貰った。
久々にお茶を飲んだ(ラオスではお茶を飲む習慣が無いのです)、ほっこり。


[PR]
by obamiho | 2010-04-23 22:59 | ラオス国立大学赴任2期4~6月
Earth Day

e0193089_22183331.jpg

赴任79日目。今日はEarth Day、地球の日です。
Earth Dayとは、地球環境について考える日。ここラオスでは、環境隊員が「ラオスの環境について考える勉強会」を開催しました。私も興味があったので参加。

e0193089_22265319.jpg

場所はJICafe。JICafeとは、JICAが、ラオスで活動を行っている日本のNGO数団体の協力のもとにOPENしたスペースで、NGOの色々な情報を見ることが出来ます。場所はドミトリーの裏手。

ラオスの方々ももちろん参加されていて、熱心にお話を聞かれていました。今後どんどん興味を持つ人が増えてくると嬉しいです。今回は環境系のカウンターパートさんが全員来ていなかったというのが少し残念でしたが...。

e0193089_223518100.jpg

ラオスでは、研修・勉強会で出張手当が付くのが一般的。日本では自分のスキルアップする為にお金を払って研修を受けますが、ラオスでは手当が出るから行く、という感じなのです。通常JOCVには予算が付かないので、今回の勉強会ももちろん無償。なので欠席、意識がかわってくれれば良いのですが。

→久々にナンパンマークマイ(フルーツシェイク)を飲みにおじちゃんのところへやってきました。

e0193089_2243841.jpg

今日はバナナにしてみました。
まだまだ本当に暑い日が続きます。


[PR]
by obamiho | 2010-04-22 22:14 | ラオス国立大学赴任2期4~6月
パントマイム

e0193089_12565253.jpg

赴任78日目。かなりの猛暑です。

お昼にタラートへ行ったら、制服を発見。ラオスは大学まで制服があります。制服とは言っても、男子学生は白シャツに黒ズボン、女子学生は白シャツに柄のないシン(伝統の巻きスカート)をはく決まり。白シャツには、各学部のワッペンが貼られています。

e0193089_133355.jpg

学生によっては、学部ごとに決まった色のネクタイを作って、身に付けている子もいます(男女問わず)。不定期で服装チェックもあるらしく、違反者は授業が受けられないんだとか。

青いシャツを着ている子は、ラオス青年同盟の学生班。彼らが学内を見回って、規律委員の役割りを果たしているらしいです。青いシャツの生徒は何となく真面目に見えますね。

e0193089_1361431.jpg

ビエンチャン隊員からフランス語センターにて日本人のパントマイムがある!と連絡が来て、行ってみることにしました。

演者は矢野かずきさん。タイを中心に活動されている方だそうです。かなり本格的で、芸術的な抽象的なものから、コメディタッチのものまでそれぞれ全然異なり飽きません。
ラオスでこんなエンターテインメントが見れるなんて、しかも日本円で100円ほど。

→演技の間にラオス人スタッフが「おおきなかぶ」の話を使ってアイスブレイクをしてくれました。(一番上)
小さい子も最後まで楽しめたようです。


[PR]
by obamiho | 2010-04-21 22:55 | ラオス国立大学赴任2期4~6月


青年海外協力隊にてラオスへ赴任、
無事に帰国しました!
by obamiho
最新の記事
駆け足沿岸ドライブ
at 2013-05-13 18:40
ありがとうございました!
at 2013-05-12 18:13
懐かしい味?
at 2013-05-11 17:50
じぇ!ホールインワン!
at 2013-05-10 17:38
密漁は袖の下が大事らしい。。。?
at 2013-05-09 17:17
以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 07月
2012年 01月
2011年 12月
more...
カテゴリ
全体
災害救援専門ボランティア
帰国後研修
ラオス離任~帰国
ラオス国立大学赴任5期7~12月
ラオス国立大学赴任4期1~6月
ラオス国立大学赴任3期7~12月
ラオス国立大学赴任2期4~6月
ラオス国立大学赴任1期2~3月
ラオス赴任前研修
二本松訓練所
技術補完研修
PCトピック
青年海外協力隊トピック
EWMジャパン
こじんてき
ワット
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
関連サイト
協力隊リンク:ラオス隊員
協力隊リンク:PC隊員