カテゴリ:災害救援専門ボランティア( 15 )
遠野さくらまつり

e0193089_1353736.jpg

遠野5日目、曇り。ここのところ、雨が降ったり止んだり、はっきりしない天気です。

e0193089_1354258.jpg

今日は遠野さくらまつり。南部氏の入部行列があり、アフリカ連合(AU)ボランティアも、和装をして参加されるとのこと。昨日は前泊の為、女子寮で一緒に過ごしました。

入部行列とは、八戸からお殿様が遠野へ入部する様を、当時の資料を参考にして遠野郷に入部した季節に行列を再現したもの。私はサポートセンターにいたので見られなかったのですが、仮設の利用者の方に写真を撮って来ていただきました。

e0193089_1354672.jpg

遠野市長がお殿様役だったそうです。馬で登場されたとか。

さくら祭りとは言え、桜はどこ?って感じですが、町は露店が並んで賑やか。

→駅前のポストの上にカッパ!


[PR]
by obamiho | 2013-05-03 13:02 | 災害救援専門ボランティア
遠野観光 その1

e0193089_1233286.jpg

遠野4日目、曇りのち雨。
早くもお休みをいただいてしまいました。とりあえず周辺散策!サポートセンターに置いてあった本の中で、道の駅「遠野 風の丘」の建設プロジェクトを紹介していたので、歩いて行ってみることに。

e0193089_12331126.jpg

風の丘を目指し、てくてく。途中、卯子酉様、愛宕様という神社を巡り(遠野には本当にたくさんの神社がありますね。。。)、歩くこと40分ほど、ようやく到着しました。

人気のある道の駅と書かれていましたが、連休中ということもあって、すでに車でいっぱい、食堂も満席でした。
お昼に郷土料理の"ひっつみ"。けんちん汁味のすいとんなイメージでしょうか。

e0193089_12331823.jpg

e0193089_1233774.jpg

e0193089_12331742.jpg

帰りは反対方向からぐるっと周辺を歩いて戻ってきました。だいたい、どこに何があるのか把握出来た感じです。
少し大きい道路まで歩けば、コンビニやダイソーなどもあって、困ることはなさそうです。

帰りにカッパ発見。水際にたたずんでいます。
もう1日お休みを頂ける予定なので、次は反対側を巡ってみたいと思います。


[PR]
by obamiho | 2013-05-02 12:32 | 災害救援専門ボランティア
のどか。。。

e0193089_11544272.jpg

遠野3日目、曇り。
今日は会議とのことで1日お留守番。連休の合間の平日で、子供達も学校なので静か。

e0193089_11544756.jpg

遠野サポートセンターは、9:00~17:00の間オープンしていて、利用者は仮設の方がほとんど。
(12:00~13:00はお昼の時間で休憩。)

現在仮設は、40戸のうち2戸が空いているとのことです。
間取りも、一人暮らし用、2~3人世帯用、4~5人世帯用の3タイプあるんだとか。

e0193089_1274983.jpg

定期イベントは色々あるみたいですが、ボランティアの講師の方がいらして、かご編み、折り紙の会、手芸同好会、つるしびな(和風な手芸?)、ふまネット(軽い体操)、書道などが行われています。

遠野を歩いていると、いたるところに”カッパ”がいます。
捕獲許可証なんてものも!
ここにいる間に色々なカッパを紹介したいと思います。


[PR]
by obamiho | 2013-05-01 11:45 | 災害救援専門ボランティア
希望の郷「絆」

e0193089_118537.jpg

遠野2日目。天気は曇り。
まだまだこちらはストーブが欠かせない冬模様。ダウンを持ってきて正解でした。
桜もまだで、モクレンがキレイな時期です。
出勤は8:30。お弁当を持参して、女子寮から歩いて5分、昨日教えていただいた、サポートセンターへ。

e0193089_1194474.jpg

さて、遠野サポートセンターの説明を少しだけ。
岩手県遠野市の仮設、希望の郷(さと)絆」は、少し特殊なコミュニティーケア型仮設住宅。東京大学や県立大学の協力を得て建てられ、その特徴は木造仮設住宅で、高齢者や妊婦さんの住まいを想定したケアゾーンは住居同士を木製デッキで結んであり、人々が交流しやすい環境になっているそう。

この仮設に附属してあるのが、遠野サポートセンターです。

e0193089_1195089.jpg

サポートセンターは集会所のような作りになっており、1日に3回の軽い体操や、定期的にイベントや同好会?などの活動が行われています。また、何は無くてもお茶をしたり、放課後、子供達が宿題をしたり遊びに来たりする場にもなっています。

5人のスタッフさんがこちらを運営、仮設の定期訪問をしたり、皆さんのケアを行っていますが、事務作業も多く、何せ365日の仕事なので人手が足りない状況。

そこでJOCAが運営支援として協力隊OVを派遣しているのです。
私のお仕事は何をする訳ではないのですが、皆さんとお話ししたり、子供達と遊んだりすること。
少しでもお手伝いになれば嬉しいですが。。。


[PR]
by obamiho | 2013-04-30 11:03 | 災害救援専門ボランティア
遠野でカッパ発見!

e0193089_10181016.jpg

久しぶりのブログ更新です。
帰国以来ずっと心にあった、災害救援専門ボランティアとして2週間、遠野に行ってきました。震災時はラオスにいたこともあって、帰国後もなかなか震災の共有ができず気になっていたのです。

e0193089_10181449.jpg

青年海外協力隊の帰国隊員を中心に組織されている、JOCA(Japan Overseas Cooperative Association 公益社団法人 青年海外協力協会)は、東日本大震災の被災地支援を行っていて、帰国後登録するとボランティア情報を流してくれます。

震災後2年経った現在は募集は少なくなってきており、更に募集は看護師隊員が多いのですが、一部条件が緩和された、岩手県の「遠野サポートセンター」に、今回参加することになりました。

e0193089_10181958.jpg

期間は4/29-5/13までの2週間。
そして今日はその移動の日です。

東北新幹線に乗るのも初かも。11:36分の”はやて”に乗って、新花巻でJR釜石線に乗り換え、15:44分に岩手県遠野に到着。

JOCAの遠野事務所長さんに駅で迎えていただき、女子寮までご案内いただきました。

e0193089_10505974.jpg

女子寮と言っても、一軒家の普通のお宅。駅から3分、目の前はスーパーと言う最高の立地。震災当時はこちらに何人も寝泊りされていたそうですが、現在はボランティアも少なくなって、基本的に今回は一人。久々、束の間の一人暮らし開始です。

明日からお世話になる「遠野サポートセンター」に少し顔を出し、夜は、アフリカ連合(AU)との連携事業により、派遣されているアフリカのボランティアさんと一緒に夕食。

アフリカのボランティアさんって?初日から知らない事が多く詳細はおいおいご説明します!
そんなこんなで2週間限定、ブログ再開したいと思います。


[PR]
by obamiho | 2013-04-29 10:07 | 災害救援専門ボランティア


青年海外協力隊にてラオスへ赴任、
無事に帰国しました!
by obamiho
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
駆け足沿岸ドライブ
at 2013-05-13 18:40
ありがとうございました!
at 2013-05-12 18:13
懐かしい味?
at 2013-05-11 17:50
じぇ!ホールインワン!
at 2013-05-10 17:38
密漁は袖の下が大事らしい。。。?
at 2013-05-09 17:17
以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 07月
2012年 01月
2011年 12月
more...
カテゴリ
全体
災害救援専門ボランティア
帰国後研修
ラオス離任~帰国
ラオス国立大学赴任5期7~12月
ラオス国立大学赴任4期1~6月
ラオス国立大学赴任3期7~12月
ラオス国立大学赴任2期4~6月
ラオス国立大学赴任1期2~3月
ラオス赴任前研修
二本松訓練所
技術補完研修
PCトピック
青年海外協力隊トピック
EWMジャパン
こじんてき
ワット
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
関連サイト
協力隊リンク:ラオス隊員
協力隊リンク:PC隊員