2011年 12月 03日 ( 3 )
国内旅行16: カムアン タムコンロー 後編

e0193089_2257224.jpg

鍾乳洞見学は10分程で終了。その後は、ただひたすら、舟で暗闇の洞窟を行きます。

e0193089_2257534.jpg

浅瀬は舟を降り、舟頭さんに従って舟に乗り込むの繰り返し。雨季が終わったばかりの今の時期でこんなに頻繁に乗り降りして、乾季の終わりにはどうなっちゃうんでしょうか。

暗い中をずっと行くと、ちょっとゲゲゲの鬼太郎の世界みたいに異世界に思えてきました。気が付いたら、舟に乗ってどこかに連れられる?みたいな。

e0193089_22571211.jpg

30分後、急に明るくなって外へ。外の風景も山が見えたりと素敵。これはもうジャングルクルーズのような雰囲気。
舟が陸地に着いたので、もう終わりかぁと思って陸に登ると、見たことの無い景色。どうやら洞窟の反対側に出たようです。

反対側を出発してからほぼ1時間が経過。想像以上にスケールの大きい洞窟探検!

e0193089_22573782.jpg

他の舟に乗っているメンバーと合流してしばしの休憩。

さすが同期、おつまみ持参していたのでビールタイム。こんなところでビールが飲めるとは、なんて素晴らしい。

20分後、またもやそれぞれの舟に乗り込み、来た道を戻ります。今度は鍾乳石の場所はスルーでノンストップ。

e0193089_22573346.jpg

e0193089_2395984.jpg

e0193089_22574452.jpg

→小さい舟なので、どうしても水が入ってきます。舟頭さん達、途中で水をかき出し中。舟頭さん達、よくこんな暗闇で怖くないなぁと本当にびっくり。舟が壊れちゃったらどうするんだろ。

そして出発から2時間30分後、無事に出発地点へ戻ってきました。アー面白かった。タイプは違いますが、ジェットコースターに乗るような、そんなワクワクした雰囲気がありますよ。

e0193089_2258615.jpg

→はじめに着いた川辺で水遊び中。

ここ数日急に冷え込みが激しく、ちょっと水遊びには残念な気候でしたが、元気っ子JVはそれでも泳ぎます。

さて、コンロー洞窟ツアーに必要なもの。
水に濡れても良い、滑らないサンダル、濡れてもいい服装。膝上、もしくは膝まで上げられるのパンツ。両手が空くヘッドライト。

e0193089_22581215.jpg

15:00過ぎ、洞窟エリアを出て近くでかなり遅めの昼食。お昼はフー。16:00頃現地を出て、19:00過ぎにタケークに到着。昨日取り置いてもらっていた木の食器を取りに「京都」へ。さらに買い足し、CICI-HAHA、私で60000KIP(6000円程)も買ってしまいました。

夕ご飯はシンダート(ラオス焼き肉)。
寒い気候にちょうど良く、今日も満腹満足な1日でした。


[PR]
by obamiho | 2011-12-03 23:55 | ラオス国立大学赴任5期7~12月
国内旅行16: カムアン タムコンロー 前編

e0193089_189445.jpg

タムコンロー(コンロー洞窟)までは、バンに乗って3時間程かかります。

e0193089_18115566.jpg

→タムコンローへ行く途中、見晴らしの良いところで少し休憩。山が見えてとても気持ちのよい景色。ラオスと言えども、ビエンチャンは都会で山はありません。自然に癒されますね。

11:30前、やっとこさ目的地に到着。入口には何も書いておらず、一般人が来たら不安になりそうな場所です。
林の中を歩いて行くと、目の前に緑色の川が見えてきました。(一番上)何やら洞窟の入り口らしき穴が見えます。

e0193089_18115028.jpg

e0193089_1820294.jpg

e0193089_18215197.jpg

川のそばには舟頭さん達が観光客待ち。1台3人乗りで舟頭さん2人付き、15000KIP(1500円程)。ちょうど9人で行ったので、体重で判断?か分かりませんが、舟頭さん達が私達を3つにグループ分け。ライフジャケットを着て、洞窟の入り口まで歩きます。砂がサラサラしていて、まるで海の砂浜を歩いているみたい。

遠くから見たら入口は小さいように見えましたが、近くまで行くと大きいこと大きいこと。

e0193089_1821548.jpg

e0193089_18215876.jpg

e0193089_18283492.jpg

洞窟の入り口で早速、舟に乗り込み出発。
中は真っ暗で、舟頭さんのライトの光を頼りに舟が進んでいきます。水かさはそんなに無いので、ところどころ舟を降りて歩く必要がありますが、天井は高くて広い。まるでディズニーランドの世界にいるような、探検隊気分です。

5分程舟に乗ったところで、鍾乳石見学。日本の鍾乳洞のようにあちこち、という規模ではありませんが、ライトアップされています。

e0193089_22504998.jpg

e0193089_22505460.jpg

e0193089_22541363.jpg

e0193089_18273612.jpg

e0193089_18374142.jpg

→カムアン県赴任の同期と記念撮影。

みんながいいよ、いいよ~と言っていたタムコンロー、やっとこれて満足!日本ではなかなかできない体験にワクワク、ドキドキがいっぱいです。

カムアン タムコンロー 後編へ続く >>


[PR]
by obamiho | 2011-12-03 23:09 | ラオス国立大学赴任5期7~12月
国内旅行16: カムアン ちょっと街歩き編

e0193089_1315345.jpg

カムアン2日目、今日は車をチャーターし、ラオスで一番大きなコンロー洞窟へ日帰りツアー。
もう一日あったら、じっくり街が見られたのですが、今回は時間がありません、朝、少しだけ街歩きしました。

e0193089_1316110.jpg

e0193089_13155155.jpg

サワンナケートのように、あちこちにフランス植民地時代のコロニアル調の建築物が残っています。
サワンナケートとチャンパサックの間のような雰囲気を持つ街です。

e0193089_13161629.jpg

e0193089_13162868.jpg

少し歩くと川沿いに出ます。昨日からとても寒く、澄んだ空気に朝靄がとてもきれい。

e0193089_1316982.jpg

e0193089_13215620.jpg

e0193089_13121067.jpg

さて、同期にお願いしてチャーターしてもらっていた車でゲストハウスを7:00に出発。まずはカオピアックで朝食。

実際に出発したのは、8:20分頃となりました!
いよいよ、コンロー洞窟へ向かいます。

カムアン タムコンロー 前編へ続く >>


[PR]
by obamiho | 2011-12-03 22:11 | ラオス国立大学赴任5期7~12月


青年海外協力隊にてラオスへ赴任、
無事に帰国しました!
by obamiho
最新の記事
駆け足沿岸ドライブ
at 2013-05-13 18:40
ありがとうございました!
at 2013-05-12 18:13
懐かしい味?
at 2013-05-11 17:50
じぇ!ホールインワン!
at 2013-05-10 17:38
密漁は袖の下が大事らしい。。。?
at 2013-05-09 17:17
以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 07月
2012年 01月
2011年 12月
more...
カテゴリ
全体
災害救援専門ボランティア
帰国後研修
ラオス離任~帰国
ラオス国立大学赴任5期7~12月
ラオス国立大学赴任4期1~6月
ラオス国立大学赴任3期7~12月
ラオス国立大学赴任2期4~6月
ラオス国立大学赴任1期2~3月
ラオス赴任前研修
二本松訓練所
技術補完研修
PCトピック
青年海外協力隊トピック
EWMジャパン
こじんてき
ワット
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
関連サイト
協力隊リンク:ラオス隊員
協力隊リンク:PC隊員