国内旅行17: 社会科見学: 不発弾処理 前編

e0193089_1425522.jpg

サラワン、アッタプー県の旅4日目。今日はこの旅の2つ目の目的、不発弾処理見学に行きます。
内戦やベトナム戦争の影響で、あまり知られていませんが、世界で不発弾が一番多いといわれているのがラオス。すべて除去するには1000年かかるらしいです。シェンクワーン県は小型が多いのに対して、特にアッタプーではサンサイ郡とプーウォン郡はホーチミンルートが多く、大型爆弾の不発弾が多く発見されています。

e0193089_14291883.jpg

午後、遅れてきた隊員が合流し、UXOLaoATP(アッタプーラオス不発弾処理)の事務所へ。ここには、日本のNGO、JMAS(日本地雷処理を支援する会)の専門家の方が常駐していて、今回の見学依頼も、専門家の方が快く引き受けてくださり実現にいたりました。

まずは事務所の中で、現在のラオスの不発弾処理状況についてのお話を聞き、事務所に展示してある爆弾を見て回ります。

e0193089_14292636.jpg

e0193089_14292219.jpg

e0193089_14483787.jpg

続いて今回は、アッタプー県のプーウォン郡にある現場を見せていただけるということで、車で1時間弱の移動。今は乾季で道は問題ないですが、雨季は現場に行くだけで途中タイヤがはまって動けなくなるなど、大変なんだそうです。

→見学前に事前に血液型やパスポート情報などを登録しておく必要があり、さらに現場で万が一危険な事があった際のサインをします。

e0193089_14484988.jpg

そして実際にこの現場で出ている不発弾を見学。現場では今年から女性チームも編成されていて、女性も勇敢に作業しています。

この現場では現在6つの不発弾が発見されました。いつもトラックが通る道の下でもあり、びっくり。上からの圧迫には反応しないんだそうです。不発弾は金属探知機を使って捜索しますが、爆弾の破片まですべて発掘して除去するそう。

e0193089_14484767.jpg

e0193089_14483111.jpg

e0193089_14482698.jpg

→ロープを使って対象地域を区画分けして、そこを一人が探知機を使って探査します。金属探知機は2kgと持たせてもらいましたが、かなり重いものです。これを女性が作業するのはとても大変だなぁと思いました。

↓探知機には日本のODAのマーク。
続いて今日は発見された6つの不発弾の内、2つを爆破させるとのことで、見学させてもらいました。後編へ >>

e0193089_14482382.jpg

e0193089_14482073.jpg


[PR]
by obamiho | 2011-12-13 22:25 | ラオス国立大学赴任5期7~12月
<< 国内旅行17: 社会科見学: ... 国内旅行17: アッタプー到着!再び >>


青年海外協力隊にてラオスへ赴任、
無事に帰国しました!
by obamiho
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
駆け足沿岸ドライブ
at 2013-05-13 18:40
ありがとうございました!
at 2013-05-12 18:13
懐かしい味?
at 2013-05-11 17:50
じぇ!ホールインワン!
at 2013-05-10 17:38
密漁は袖の下が大事らしい。。。?
at 2013-05-09 17:17
以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 07月
2012年 01月
2011年 12月
more...
カテゴリ
全体
災害救援専門ボランティア
帰国後研修
ラオス離任~帰国
ラオス国立大学赴任5期7~12月
ラオス国立大学赴任4期1~6月
ラオス国立大学赴任3期7~12月
ラオス国立大学赴任2期4~6月
ラオス国立大学赴任1期2~3月
ラオス赴任前研修
二本松訓練所
技術補完研修
PCトピック
青年海外協力隊トピック
EWMジャパン
こじんてき
ワット
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
関連サイト
協力隊リンク:ラオス隊員
協力隊リンク:PC隊員