社会科見学: 気象レーダー

e0193089_2143911.jpg

赴任1年と217日目。
今日は16:00から、SVの方の赴任先、気象水文局へお邪魔してきました

e0193089_2173010.jpg

以前お邪魔した際、レーダー塔は眺めも良いのでJICAのスタディツアーなどで人気とお聞きしていて、今回先輩が帰る前に是非見学したいと、お願いしたところ、快諾いただけたのです。

気象レーダーなんて、そうそう見ることができるものではありません。せっかくなので、ビエンチャンのJV7人で社会科見学ツアー。まずは、事務所内の気象データを管理方法や、コンピュータに実際に出ている気象情報を説明いただきました。

e0193089_2195735.jpg

この気象レーダーは日本の援助で、7億円で建てられたものだそう。ちなみに、レーダー自体は4億円だそうです。

→次に気象衛星受信用のアンテナを見学。大きいです。
ここ気象水文局は、ラオスの天気予報を出したり、飛行場との通信やナムグムダムの水量管理などを行っているそう。ラオスには気象予報士の資格等はないので、配属された後、研修がみっちりあるらしいです。

e0193089_2345276.jpg

そしていよいよ、レーダー塔に登ります。地上から45mまで階段。一番上にアンテナがあります。これが5.4m。

アンテナの外側はサッカーボールのようですが、ビスの位置まで計算されつくした設計だそう。ちなみに、このレーダーはアメリカが作ったものだそうです。

頂上の眺めは最高です。午後雨が降り出した時はどうなることかと思いましたが、なんとか天気ももってくれました。

市街地がおもちゃの街並みのよう。遠くに雨雲が見え、その下に雨が降っているのがハッキリと分かります。

e0193089_2401857.jpg

e0193089_2401285.jpg

e0193089_250236.jpg

1時間程、しっかり見学させていただき、最後はみんなで記念撮影しました。
今日は本当にありがとうございました!


[PR]
by obamiho | 2011-09-07 22:10 | ラオス国立大学赴任5期7~12月
<< ブログ2年記念日 残りと余りの違いとは? >>


青年海外協力隊にてラオスへ赴任、
無事に帰国しました!
by obamiho
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
関連サイト
協力隊リンク:ラオス隊員
協力隊リンク:PC隊員