国内旅行7: ルアンナムターへ

e0193089_2414968.jpg

6日目。今日はウドムサイからいよいよルアンナムターへ向かいます。
ルアンナムターは中国と国境を接する山間にある町。
町の周辺にはたくさんの少数民族の村があり、その暮らしを見ることができます。

e0193089_2393180.jpg

7:00に宿を出発。ウドムサイのバス停から8:00発の乗合バスに。
→ウドムサイのバス停にはすでに少数民族の"タイダム"のオバちゃんたちの姿が。さすが北部への中継地点ウドムサイです。自分達で作った商品を持って来ており売っています。

山間をバスで行き、ルアンナムターに12:30過ぎに到着。予約してあったマニーチャンゲストハウスへ。
お料理もおいしいし、ここ、お勧めです。

e0193089_2405744.jpg

e0193089_2411882.jpg

e0193089_301375.jpg

お昼を食べていると、"アカ"族のオバちゃんたちが商品を持ってやってきました。ラオス語が話せる民族もいますが、アカ族のオバちゃんたちはアカ語が基本で、値段交渉以外はほぼ身振り手振りのやり取り。それで会話が成立しちゃうところがとても面白いです。

なんだかんだで14:30。マウンテンバイクをレンタルして近くに滝と少数民族の村があるとのことで、訪ねてみることに。
私たちは明日ムアンシンに移動なので、ルアンナムターは1泊のみ。でも食事はおいしいし、街中も広くて気持ちよく、2日間くらい自転車レンタルでフラフラと村々を訪ね歩くのも素敵だと思います。

民族衣装があまりみられなかったので、クム族の村を通り過ぎ、ランテン族の村で一時停止。

e0193089_2421360.jpg

e0193089_3124858.jpg

e0193089_316847.jpg

ランテン族は藍染の衣装を着ていて15歳からの成人女性は眉毛を剃っています。

上の写真はオバちゃんがちょうど紙漉きをしているところ。
何か商品はあるかと聞いてみると、藍染の布で作ったカバンや反物をおウチの中で見せてもらえました。カバンは長さが微妙で結局購入はせず、反物は黒に近い藍染。洗うと風合が出てきそう。しかし決め手に欠けて、とりあえず滝に行ってみることに。

e0193089_3211093.jpg

e0193089_3211961.jpg

e0193089_302922.jpg

普通の滝でちょっとがっかりでしたが、自転車での疲れををマイナスイオンで癒して戻りました。

この時点で17:00少し前。あまり時間が無いので、近くのモン族の村へ行ってみることに。しかし、夕方過ぎたのか、特に民族衣装を纏っている方々はおらず...。唯一モン族のスカートをはいた女の子達が2人ポーズを取ってくれました。観光慣れしてますね。(一番上)

夜はナイトマーケットがあるとのことで、楽しみにしていたのですが、思いのほか民族の方がおらず、ハンディクラフト製品も少なかったです。何かイベント事があるとき以外は、それぞれの村に見に行くしかなさそう。しかも停電にもなり、夜はなんとなく過ぎて行ったのでした。


[PR]
by obamiho | 2011-02-22 22:38 | ラオス国立大学赴任4期1~6月
<< 国内旅行7: ムアンシン到着 国内旅行7: 初、ウドムサイ! >>


青年海外協力隊にてラオスへ赴任、
無事に帰国しました!
by obamiho
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
駆け足沿岸ドライブ
at 2013-05-13 18:40
ありがとうございました!
at 2013-05-12 18:13
懐かしい味?
at 2013-05-11 17:50
じぇ!ホールインワン!
at 2013-05-10 17:38
密漁は袖の下が大事らしい。。。?
at 2013-05-09 17:17
以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 07月
2012年 01月
2011年 12月
more...
カテゴリ
全体
災害救援専門ボランティア
帰国後研修
ラオス離任~帰国
ラオス国立大学赴任5期7~12月
ラオス国立大学赴任4期1~6月
ラオス国立大学赴任3期7~12月
ラオス国立大学赴任2期4~6月
ラオス国立大学赴任1期2~3月
ラオス赴任前研修
二本松訓練所
技術補完研修
PCトピック
青年海外協力隊トピック
EWMジャパン
こじんてき
ワット
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
関連サイト
協力隊リンク:ラオス隊員
協力隊リンク:PC隊員