とまぁ、こういう感じで仕事してます、その2

e0193089_23425530.jpg

派遣から8ヶ月が経過、カウンターパートからサインも貰ったので、2ヶ月遅れの2号報告書を提出。
今回の内容は以下フォーマットで、別途、活動計画表を日本語とラオス語で作成しました。

  1. 活動計画の説明
  2. 活動計画策定に向けた配属先との意見交換
  3. 配属先の動向
  4. 受入国の人々との交流
  5. その他特記事項(複数項目から選択制。今回は、受入国の食事についてを選択)




[一部のみ抜粋]

■ 活動計画の説明

配属先の活動目標、「Websiteを使用した文学部サービスの向上」を踏まえ、自身の活動目標を、「Webを通じて何が出来るかを知ってもらう」と大きく設定、ここから具体的な4点の活動計画を掲げた。

  • (1)Webデザインの技術移転(12月まで)
    カウンターパートへWebデザインの授業を実施、実践的なトレーニングも加え、Web構築に必要なノウハウの習得を目指す。(週に2回、カウンターパートの空いた時間を利用して実施中。)
  • (2)文学部のホームページ作成(1月より)
    Webデザインの技術移転終了後、カウンターパートを中心に文学部のWebsiteを構築予定。授業の不足部分を補いつつ、カウンターパートでは難しい部分を協力する。
  • (3)その他必要な技術移転
    文学部内で必要な技術を調査、要望があれば技術移転、向上を検討する。
    (Webデザインのテキスト作成を含む)
  • (4)Websiteを使用した日本文化の紹介
    学部内には日本語学科があるが、一般的にまだまだ日本の文化や生活は知られていない。配属先の要望もあり、積極的にラオスの文化を知ると共に、日本の文化も紹介したい。ここでもWebsiteの活用を考えている。

■ 活動計画策定に向けた配属先との意見交換

活動計画は、文学部の意向をもとにカウンターパートと共に策定した。
現在まで赴任先で過ごし、PCのメンテナンスやネットワークは大学側が一貫して管理しており、現在のところ特に必要無く、それよりも、早急にWebsiteの構築、指導が必要との要望があがった。その為、自身の技術、Websiteを使って出来ることに活動計画を絞った。

■ 配属先の動向

カウンターパートが2名体制であったが、1名が教務関係の仕事が忙しく、実質的に残り1名のみとなった。また、Webデザインの授業もカウンターパート含め3名に対して実施していたが、3名が揃う事が難しく、こちらもカウンターパート1名のみが受け、必要であれば他メンバーへ別途授業、もしくはカウンタパートより技術移転をすることになった。IT Unitの講師陣が元々、他の仕事と兼任していることが原因である。

また、7月に同室の先生の人事移動があり、今まで面倒を見ていただいていた1名が移り、2名が新しく加わり、5人部屋になった。新しい人間関係になる為、ラオス語を話すいい機会だと思っている。

■ 受入国の人々との交流

  • (1)配属先等任地の人々の日本や日本人に対する意識
    配属先は、日本語学科があることも影響し、親日的で日本語や文化に興味を持っている人が多い。通勤のバスで話しかけてくる学生もいる。
  • (2)受入国の人々との交流
    配属先のイベントに出来るだけ参加させていただいている。結婚式、お葬式やお見舞い、新築や出産のバーシーなど、ラオスの文化を学ぶ機会が多く、大変興味深い。また、昼食は出来るだけ配属先の先生方と一緒に食べている。現地の人と同じものを食べることもそうであるが、一緒にご飯を買いに行ったり、準備をしたり、この中での交流も大きいと考えている。

■ 受入国の食事

日本料理も多いと思っていたが、ラオス料理も本当に種類が多い。カオピアック、フー、カオソーイ、カオプン、ミーなどの麺類、カオヂー(パン)、そしてカオニャオ、カオヂャーオ、それぞれに合ったおかずの数々、デザートのお菓子、果物類。半年余りラオスで生活して、かなりの種類を口にしたが、まだまだ食べたことの無い料理は多い。

昼食を先生方と毎日一緒に取っている為、ラオス人の普通の食生活を体験していると思う。先生方の好みもあるのかもしれないが、おかずにタンマサート(自然で取れた)の野菜をただカットしたものや、茹でたもの、和えたもの(スパック)、漬物などが出てくることが多い。普段の食事は思ったより健康的な食生活である。ただし、これ以外にキンソム(酸っぱいモノ)やおやつが頻繁に出てくる。食べることが大好きだから、これだけ食が豊かなのかもしれない。

また、食事は社交の場でもある。ご飯を一緒に食べて初めて仲良くなるとの事。食事をしていて誰かが通れば、挨拶代わりにご飯食べた?一緒に食べて行きなさいと必ず誘う。一人でご飯はもっての他である。


[PR]
by obamiho | 2010-08-31 23:24 | 青年海外協力隊トピック
<< 新学期の始まり ブワ先生のリアン(おごり) >>


青年海外協力隊にてラオスへ赴任、
無事に帰国しました!
by obamiho
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
関連サイト
協力隊リンク:ラオス隊員
協力隊リンク:PC隊員