ソンサガーン(お葬式)

e0193089_16531282.jpg

赴任83日目。授業が終わりオフィスに戻ると、
「ちょうどいい、黒い服も来ているしお葬式に行きましょう」
とそのままお葬式に参列することに。この日の私の服装は、確かに黒ですが、21年度3次隊で作成したカジュアルなポロシャツです。しかも下は青いシン。そして誰のお葬式?不安ながらも大きな車で皆で出発。

e0193089_16541050.jpg

着いたところはワット(お寺)の裏の少し開けた火葬場(一番上)。
木立に囲まれた中央部に、石で出来た祭壇が2つ並んでおり、その向かいには屋根の付いた仏像が鎮座するスペース。

会場に続々と人が到着。気になる服装は、上は黒か白い服ですが、下はかなり自由な模様。雰囲気も日本のように静寂は無く、どちらかと言うと皆さん自由に談笑しています。

e0193089_16545611.jpg

しばらくすると、音楽とともにトラックに乗せられたご遺体を白い紐で引く形で、クバー(お坊さん)、白装束のご遺族が。
(左上の写真は今回撮ったものではないですが、こんな感じ)
そしてご遺体は石の祭壇に運ばれ、ヤシの実のお水で清められ、周りをトラック上でのようにキレイに飾られます。

ご遺族は祭壇の前のスペースに座り、司会進行の元、お経や故人への言葉が述べられ式が進みます。

e0193089_1733616.jpg

私たちはというと、座ってジッとそれを聞き、わずかばかり寄進をし、ロウソクが付いた花火のようなものを祭壇にお供えし(左下)、ピーマイの時に見た黄色い水で手を清めます。談笑していた皆も、ここで初めてご遺族の涙と対面。

それが済むとご遺族は祭壇の前で記念写真(なぜ...?)。

e0193089_177821.jpg

最後に少し遠くからロケット花火のようなモノが発射され、いよいよ火葬が始まります。爆竹が鳴り煙がモクモクと上がり、故人を威勢よく送り出す感じ。(一番下の写真)

その後、飴、お金が皆に向かってバラ撒かれ、私たちはそれを拾って帰宅。あれ?火葬中だけど...。後は、家族だけ???

後で亡くなった時のラオスの儀式について先生に聞いてみました。

e0193089_17101418.jpg

ラオスの人は通常は亡くなると、2日間お家で過ごします。その間、親戚や友人が故人を訪問。親戚や仕事で知り合いが多いと、この期間は1週間にも及ぶとか(暑いのに...)。

その後、今日のようなパオ(火葬)があり、知り合い程度の人が参列。さらに2日間故人を偲ぶ祭りが行われ、骨を拾い、3日目にタックバーツ(托鉢)。これでお葬式が修了になるそうです。ちなみに今日は副学部長の御親戚の方のお葬式でした。


[PR]
by obamiho | 2010-04-26 22:47 | ラオス国立大学赴任2期4~6月
<< お宅訪問 ブンバンファイ(ロケット祭り) >>


青年海外協力隊にてラオスへ赴任、
無事に帰国しました!
by obamiho
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
駆け足沿岸ドライブ
at 2013-05-13 18:40
ありがとうございました!
at 2013-05-12 18:13
懐かしい味?
at 2013-05-11 17:50
じぇ!ホールインワン!
at 2013-05-10 17:38
密漁は袖の下が大事らしい。。。?
at 2013-05-09 17:17
以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 07月
2012年 01月
2011年 12月
more...
カテゴリ
全体
災害救援専門ボランティア
帰国後研修
ラオス離任~帰国
ラオス国立大学赴任5期7~12月
ラオス国立大学赴任4期1~6月
ラオス国立大学赴任3期7~12月
ラオス国立大学赴任2期4~6月
ラオス国立大学赴任1期2~3月
ラオス赴任前研修
二本松訓練所
技術補完研修
PCトピック
青年海外協力隊トピック
EWMジャパン
こじんてき
ワット
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
関連サイト
協力隊リンク:ラオス隊員
協力隊リンク:PC隊員