ラオスゴミ問題

e0193089_205056.jpg

赴任19日目、日曜日です。
今日は不思議な出会いがありました。ラオスに来る前に図書館で読んでいた(2009/9/30)本の著者であり、モン族の支援をされている安井さんを紹介いただいたのです。夕食をご一緒させていただきました。
今日はその中でラオスのゴミ事情のお話が出ましたので、趣向を変えてゴミについて書こうと思います。

e0193089_205308.jpg

ゴミの問題は、多くの途上国が抱えている難題と言えると思いますが、ラオスもその国の1つです。多くのラオス人は、歩きながら、食事しながら、車の中から、家の中から、何処にでも当たり前にゴミをポイポイっと捨てます。自分の家の周りはキレイに掃除したとしても、家の外は関係無いようです。

またゴミが自然に返ると信じているもいて、特にメコン川には日常的に色々捨てられているらしいです。

e0193089_206532.jpg

街中のゴミ収集は週1回。現在はすべて埋め立てとのこと。
処理施設が完備されていない場合、焼却する方と環境汚染にもつながるので、今は埋め立てしかないようです。ただ医療系のゴミも全て一緒に捨てられているらしいので、そこは大きな問題。地方の村で、点滴の袋にラオ酒が入れられていた(拾って洗って使っていたらしい)、とか、点滴チューブをストローに使っていたとか...。

→市街地に設置された黄色の目立つゴミ箱。

e0193089_2064115.jpg

実は始め、ラオスは他のアジアよりキレイ好き?という印象を受けました。それはこのゴミ箱の設置のおかげかも。

こちらのゴミ箱は、私たちが現地語学訓練でお世話になった語学学校の校長先生アリーさん(オーストラリアの方)がこうやってゴミを捨てるようにと、設置、レクチャーして回ったとか。そのおかげで市街地はゴミはあまり落ちてないです。毎朝掃除されていますし。

↑大学の構内で見かけた環境意識向上ポスター。環境への認識は高まっているようです。

ちなみにJOCVのメンバーにも、環境問題を要請として受けている隊員が居ます。現状を把握、改善且つ、子供たちの教育からラオスの人々のゴミに対する意識の変化をめざそうと頑張っています。
色々聞いてみると本当に大変ですが、少しずつでもラオスの環境も良くなると嬉しいです。


[PR]
by obamiho | 2010-02-21 19:55 | ラオス国立大学赴任1期2~3月
<< あれ、どこかで聞いたような、見... 体に優しいものを >>


青年海外協力隊にてラオスへ赴任、
無事に帰国しました!
by obamiho
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
駆け足沿岸ドライブ
at 2013-05-13 18:40
ありがとうございました!
at 2013-05-12 18:13
懐かしい味?
at 2013-05-11 17:50
じぇ!ホールインワン!
at 2013-05-10 17:38
密漁は袖の下が大事らしい。。。?
at 2013-05-09 17:17
以前の記事
2013年 05月
2013年 04月
2012年 07月
2012年 01月
2011年 12月
more...
カテゴリ
全体
災害救援専門ボランティア
帰国後研修
ラオス離任~帰国
ラオス国立大学赴任5期7~12月
ラオス国立大学赴任4期1~6月
ラオス国立大学赴任3期7~12月
ラオス国立大学赴任2期4~6月
ラオス国立大学赴任1期2~3月
ラオス赴任前研修
二本松訓練所
技術補完研修
PCトピック
青年海外協力隊トピック
EWMジャパン
こじんてき
ワット
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
関連サイト
協力隊リンク:ラオス隊員
協力隊リンク:PC隊員